blog_title_5.png

2009年06月: 大学院オーバードクター1年目。節約生活でも綴ってみようとブログを開始。
2010年09月: オーバードクター2年目。経済難により博士課程単位取得退学。
2010年10月: 技術補佐員(テクニカルスタッフ)となる。ワーキングプア状態。
2011年10月: 震災の影響で僅かながら給与カット。頑張れ日本と自分。
2012年04月: 大幅昇給したが、ややワーキングプアか。
依然として先の明るくない生活を満喫中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
大泉学園駅にGrand Emioという商業施設ができまして、当然、レストランも入っているので巡りたいなと思っています。さっそく駅の改札に一番近い「ひいき屋」から行ってきました。

ひいき屋
てごねハンバーグ(980円)を注文。ビーフ100%なので崩れやすく食べにくいかも。崩さずに切って食べることができるようになれば存分に味わえるのかも。ソースがいくつか選べたけど、おすすめされたデミグラスソースは甘さ控えめでコクがある。個人的な好みを書くと、少しソースに甘みがあると満足感が得られたかも。

バゲットのバターは塩気が多くこってりし過ぎ。世の中バター不足だから影響が出ているのかも。おかわり無料らしいけど、これはいいや(汗)。ライスも選べます。

ひいき屋
小さいカップでコンソメスープが出てきます。日によって具の量が変わります。一瞬、コンソメスープじゃないかもと思ったのは白ゴマの風味が出ていたせいかも。

ひいき屋
再訪して食べた日替わりランチ(1080円)。オムライスにビーフシチューがかかっていて、サラダもワンプレートに収めたのは洗い物が少なくて良いアイデアですね。出てくるのも早くて驚きました。3分くらいで出てきたかも。いろいろ思うことはあるけど、急いでいるときは良いかもしれない。卵のとろとろ感は写真で伝わるかもしれない。好きです。牛肉のサイズも大き目で柔らかく好みでした。

ひいき屋
このお店はワインボトルが店頭店内に並べてあって、この誘惑が個人的になんとも避け難いのです。そしてついつい入店してグラスワインを頼んでしまい、予定していたランチの予算を越えてしまうわけです。2回とも赤にしました。比較的飲みやすいミディアムボディがグラスワインに選ばれているように思いました(1回目:チリのヴィニャ・アルバリ・テンプラニーリョ、2回目:イタリアのタクン・レセルヴァ・カベルネソーヴィニヨン)。

予算オーバーだからあまり行かないようにしよう(笑)。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
今日はたくさんの写真を撮り、お気に入りのレストランで食事をし、とても楽しい一日でした。でもそれはそれ。仕事(研究)はというと、逆風にさらされています。

というのも私の出した研究結果がこれまでなんとなく思われていたこととは違うので、周りの人を説得するのが大変なのです。先行研究の結果の方が一見すると常識に思えるし、正直、私自身もそれを半ば常識と信じていました。

ところが、解析すれど解析すれどその常識を証明(再現)できない。それどころか、先行研究とは違う結果ばかりが出てくる。最終的に私の中では全く別の仮説が浮上するに至りました。

この展開は研究の醍醐味みたいなもので、エキサイティングで面白い経験かもしれません。でもそれなりの苦労もあって、周りが私の結果や新たな仮説を信じて良いのか不安なようです。業界では名のしれた研究者の先行研究と、得体の知れない私の研究を比較されるわけですから、そりゃそうですよね(汗)。

自分の上司は1年かけて説得し、やっと論文が書けると思いきや、次は上司の上司が出てきまして…。それも懐疑的な思いを抱いているようです。中ボスを倒したら大ボスが出てきたみたいな話。一難去ってまた一難。

私が信頼を得ていないことが原因でしょう。結果の出ない日々が長過ぎたかも。失った信用を取り戻すためにも頑張らねば。早く論文だしたいなぁ。。。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
ロンファン
ずっと行きたいと思っていたお店ロンファン。でも中華って少しこってり目なイメージだから、気分が乗らないでいた。今は後回しにしていた事をちょっと後悔しています。通いたくなるお店です。

ロンファン
3回行きましたが、日によって違ったお茶が出てきました。写真は安渓鉄観音(アンケイテッカンノン)茶という烏龍茶でダイエットに良いのだとか。その他、茉莉花茶(モーリーファー)茶というジャスミン茶は2回頂きました。美容効果やリラックス効果があるのだとか。

ロンファン
定食には小菜とメンマ、それに白湯スープが付いています。メンマは少しピリっとしていてビールが欲しくなります。

ロンファン
ホタテと季節野菜炒め(1050円)。12月中旬頃の野菜炒めです。チンゲン菜がシャキシャキしていて火の通りの絶妙だなと感じました。銀杏は終わりを迎える時期ですが、この苦味がたまらないアクセントです。そしてホタテ。実は私、貝がやや苦手でホタテも好んでは頼まないのですが、これはまた食べたいと思えるホワホワしていて食感の良いホタテに仕上がっていました。

ロンファン
和牛の沙茶醤(サーチャージャン)炒め定食(1200円)。食べ応えはあるのに、変にこってりしていなくて美味しいです。牛肉も柔らかく、この値段でこんなお肉が出せるものなのかと思いました。野菜の火の通りも絶妙ですが、1200円出したせいかちょっと厳しく見ていると火の通りがやや甘いナスを1つ見つけました(笑)。それ以外、個人的には完璧でしたしけど。芯を残すか残さないか、そういう微妙なところで勝負している気がしています。

ロンファン
かに炒飯定食(1000円)。健康を気遣うようになった中年男子にとって、炒飯定食は敬遠しがちなメニューです。栄養が炭水化物に偏りがちで太るかな…、などと年頃の男子は考えてしまうのです。でも、このパラパラした米粒の食感、卵の絡み具合はシェフの熱意を感じます。塩加減もほどよくカニと葱の甘みを引き出しています。年頃を迎えたといえど、炒飯定食もたまには食べるべきかもしれません。

写真の奥に見える白湯スープも優しい味で、ごま油の香りがとても良いスープです。前述のとおり、このスープはどの定食にも付いていました。


投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村

 | Copyright © アレアレ博士の日記 All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。