blog_title_5.png

2009年06月: 大学院オーバードクター1年目。節約生活でも綴ってみようとブログを開始。
2010年09月: オーバードクター2年目。経済難により博士課程単位取得退学。
2010年10月: 技術補佐員(テクニカルスタッフ)となる。ワーキングプア状態。
2011年10月: 震災の影響で僅かながら給与カット。頑張れ日本と自分。
2012年04月: 大幅昇給したが、ややワーキングプアか。
依然として先の明るくない生活を満喫中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
明けましたね。
今年は何回ブログを更新することやら。

今年も沖縄で年越しをしました。2年連続で自宅でもなく故郷でもない沖縄で年を越している。過去の年越しをいろいろ思い出しながら、こんな過ごし方もあるんだなと新鮮な気分でいます。

<ホテルからの眺め>
ブセナテラス ブセナテラス

私が小さい頃は紅白歌合戦などを見ながら年越しそばを食べ、ゆく年くる年を見、年が明けたら親戚の家々を挨拶して回り、おせち料理を食べ、近所の神社を3〜7社ほどお詣りした後、お年玉でおもちゃを買って遊ぶ、それが正月という物だった。それしか知らなかった。

<あぐー豚の三枚肉そば(左)とせいろ蒸し(右)>
三枚肉そば しまぶた屋の蒸し豚

大学院生くらいから帰省が経済的にも時間的にも負担になり、1人寂しく(?)年を越し、「こんなんでいいのかな?いずれは昔のような正月に戻らないといけないな」などと考えたりもしたものだ。就職したものの、両親が既にいないこともあって、遠い故郷より近い妻の実家に行くようになった。

<紅芋ころっけ(左)と紅芋ごま団子(右)>
紅芋コロッケ 紅芋ごま団子

ところがここ2年はそれも変わった。妻の両親が沖縄に行こうと言い出したのがきっかけで、これまで想像したこともなかった過ごし方をするようになった。年越し蕎麦は沖縄蕎麦になり、親戚回りもないから観光ドライブとなる。おせち料理は沖縄の郷土料理になり、遊びや宴会は読書やスポーツ、そして妻との会話の時間へと変わる。普段できていない事、できていると思っていただけで出来ていない事を少しでも完了できると、気持ちの中に充実感が満ち満ちてくる。

<辺戸岬(左)と今帰仁城(右)>
辺戸岬 今帰仁城

よく海外で年越しを過ごすor過ごした人のインタビューをテレビで見ると、全く価値観の異なる人種のような気がしていたけど、今なら理解もできる。むしろ同じ飛行機移動なら海外も良いなとさえ思う。

<東南植物楽園の黒豚(左)と美ら海水族館のジンベエザメ(右)>
美ら海水族館のジンベエザメ 東南植物楽園の黒豚

子供ができたりすると飛行機代も宿泊費も高くつくだろう。それとともに価値観も変わるだろうか。そのときは、また楽しい年越しを模索するのも良いかもしれない。もちろん昔のような年越しも考慮に入れながら模索しよう。
スポンサーサイト

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
今年も行ってきました。ドリームテニス(2015)。
出場選手は錦織圭、マリン・チリッチ、マイケル・チャン、ゴラン・イバニセビッチ、国枝慎吾などが出場。

ドリームテニス2016

選手紹介がプロジェクションマッピングでした。始まるまでは少しわくわくしたけど、実際に見るとプロジェクションマッピングである必要はなかったかもと思ってしまった(笑)。どうせなら選手の登場に合わせてマッピングすると良かったかもしれない。コンサートとかでやられているよね。たぶん。難しいのかな。

ドリームテニス2016

第1試合:錦織圭 vs マリン・チリッチ
後に続く試合はエキシビジョンマッチとはいえ、ときおり垣間見える真剣なショットはやはり凄い。ただ錦織圭選手は魅せようとして空回りしていたように見えてしまったのは気のせいだろうか?僕も少しは目が肥えてきたとか?

第2試合:マイケル・チャン vs ゴラン・イバニセビッチ
イバニセビッチさんを生で見たのは初めてだけど、ハンサムにしてヒョウキンな人でした。観客席にまで乗り込んできたのはファンには堪らないはず。ナダルのモノマネも良かった。

第3試合:国枝慎吾 vs (当日発表:錦織圭でした)
第4試合: 錦織圭&マイケル・チャン vs マリン・チリッチ&ゴラン・イバニセビッチ
しかしまぁ、2年連続で観戦すると新鮮さは少ないもので少々退屈な気持ちにもなった。音響が悪くて松岡修造さんが何を喋っているのか解らなかったのも原因の1つだろう。あれは改善した方が良いと思う。

第5試合:ダニエル太郎 vs 内田海智
その点、第5試合は二人の若手選手がややスピーディーな試合を展開してくれて緊張感があったかも。ダニエル太郎選手は今年ランキング100位に入ったばかりで人気上昇中?内田海智さんが個人的に好きになったかも。愛想とかなさそうに見えた(笑)けど、強気で打ち合う感覚は男心をくすぐります。

そろそろ真剣勝負の試合を観戦しようかと考え中。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
clip
小洒落たカフェがあると知って3回ほどランチしに行ってきました。

clip
ランチメニューにいつも付いてくるコンソメスープ。見ての通りスープのみ。具のないスープというのは、ワインのテイスティングに似ていてコメントがとても難しい。敢えてコメントしてみると、恐らく市販のコンソメスープとは違う気がする?と言っても我が家にコンソメはないので自信はない(最近は炒飯くらしか作らなくなったなぁ…汗)。個人的にはスープに具が欲しいところ。

clip
ソーセージとフライドエッグのパンケーキ(1200円)。具のないスープがやや不満なので(笑)値段には少し割高感を覚える。パンケーキと目玉焼きは合うのだろうかと、ドキドキしながら一口食べてみた。「おぉ」っと驚くほどもちもちしたパンケーキは甘くない。これならランチとしてもいけるかも。バターはホイップバターという物だろうか。フワフワしていて塗りやすい。もしかするとレモンの風味がついていたかもしれない(時間が経ってしまって自信がない)。1つ1つに拘りを感じる。もしかするとサラダのドレッシングも自家製なのかもしれない。美味しい。ただワンプレートは若干失敗かも。サラダのドレッシングがパンケーキに染み込むと不味く、どこか悲しい気持ちになる。

clip
飲み物もセットになってたのでオレンジジュース。

clip
国産牛のローストビーフライス(1200円)。海苔入りのライスの熱がローストビーフをほんのり温めている。これが薄い脂身を溶かし、赤身も柔らかくなる。きめが細かく弾力のあるビーフの食感は好み。

clip
ミート・デリ・ランチ(1200円)。豚のポルケッタ、ボイル生ソーセージ、ハムが並んでいる。ポルケッタはその場で焼いていたら時間のかかる料理を手軽に楽しめるのは有難い。塩漬け豚の塩加減にムラを感じるものの、焼いた香ばしさをハーブが引き立てている。ボイル生ソーセージは詰めた挽き肉が粗挽きなのか、肉感が良くジューシー。塩気もマイルドで良い。ロースハムはドイツの見本市で銀賞を取ったらしい。ほろほろと崩れるハムの食感が良いのかもしれない。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村

 | Copyright © アレアレ博士の日記 All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。