「官僚たちの夏」 第2話

2009年06月: 大学院オーバードクター1年目。節約生活でも綴ってみようとブログを開始。
2010年09月: オーバードクター2年目。経済難により博士課程単位取得退学。
2010年10月: 技術補佐員(テクニカルスタッフ)となる。ワーキングプア状態。
2011年10月: 震災の影響で僅かながら給与カット。頑張れ日本と自分。
2012年04月: 大幅昇給したが、ややワーキングプアか。
依然として先の明るくない生活を満喫中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
 どうもアレアレはドラマ内の歴史に興味があるみたいです。
では今日も書きます。

 東京タワー完成を2年後に控えた昭和31年秋(1956年)、
通産官僚たちは、後に冷蔵庫、洗濯機と並んで
「三種の神器」と呼ばれるテレビを普及させようと奔走する。

外国製テレビの輸入禁止。
過当競争による家電メーカーの共倒れを防ぐため、
テレビ参入業者の数を制限。

さらに、参入できなかったメーカーに対し業種転換を提案。
当然、困難を極める。
しかしこれが後の電子計算機産業の基礎となるようだ。

そんな中、日本の外国製テレビ輸入禁止に対し、
アメリカが反応。日本に圧力をかけはじめる。
国内産業保護と国際協調という難しい舵取りが迫る。


テレビに関してアレアレの知る史実は、
1952年に松下電器がフィリップス社の真空管に
目を付けて技術提携しています。
1953年にはNHK東京と民間テレビ局がテレビの本放送を開始。
そして第3話の1956年は、 経済白書に「もはや戦後ではない」と書かれた年です。
関連記事

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
この記事へのコメント
もはやコメントではない
なんかですね、今実家でガラクタ(ゴミと呼ぶ人もいる)を整理しとるんですが、その中から、以前悪友がくれた雑誌の切り抜きが出てきてですな。歴史の穴埋め問題を女子高生に答えてもらった、ってバカ記事なんだけど(本当に女子高生にやらせたのかどうかは知らん)。
それを見てると(読み出すから片付けが進まないw)、

『1956年の経済白書で「もはや○○ではない」と書かれ、それは流行語となりました』

これに対する(女子高生の?)解答が

もはや人間ではない

wwwww
2009/09/24(木) 06:45 | URL | アクチニウムイットリウム #-[ 編集]

Re: もはやコメントではない
こりゃすごいw
ブログのコメントで落ちをつけるなんて、天下広しといえどアクチニウムさんだけでしょうw
思わず「お後がよろしいようで」と言いたくなりましたw
(誰もいませんけどね~w イッテミテー)

2009/09/24(木) 10:43 | URL | アレアレ #-[ 編集]

URL:
Comment:
Pass:
※Passを設定すると後で編集可能になります。
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://k0s0ad0.blog85.fc2.com/tb.php/84-eaad65fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Copyright © アレアレ博士の日記 All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。