時差ぼけに

2009年06月: 大学院オーバードクター1年目。節約生活でも綴ってみようとブログを開始。
2010年09月: オーバードクター2年目。経済難により博士課程単位取得退学。
2010年10月: 技術補佐員(テクニカルスタッフ)となる。ワーキングプア状態。
2011年10月: 震災の影響で僅かながら給与カット。頑張れ日本と自分。
2012年04月: 大幅昇給したが、ややワーキングプアか。
依然として先の明るくない生活を満喫中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
今日は文献紹介の担当だったので、気になった記事をメモ。
"Taking the Lag out of Jet Lag through Model-Based Schedule Design"

タイムゾーンの違う国に海外旅行に行くと時差ぼけになる。しっかり睡眠をとったつもりでも、疲れがとれず、眠くて集中力もない。胃腸の調子が悪くなる人もいるとか。原因は、光を浴びる時間(露光時間)のサイクルが突然変わったことによる無意識のストレスかもということで、これを数学的に解決しようという試みが上の論文だ。

例えば、露光すべき時間を知らせてくれる時計があったら。その時間に強制的に光を浴びれば体への負荷が軽くなるというわけ。その時間は緻密な計算の基にずれていく。気がついたら現地の昼と露光時間が同じになっている、という具合。そのうち各国に露光所なんてのができたりして…。
関連記事

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村

タグ : 博士課程

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
※Passを設定すると後で編集可能になります。
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://k0s0ad0.blog85.fc2.com/tb.php/21-ffe2d695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Copyright © アレアレ博士の日記 All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。