2014年01月

2009年06月: 大学院オーバードクター1年目。節約生活でも綴ってみようとブログを開始。
2010年09月: オーバードクター2年目。経済難により博士課程単位取得退学。
2010年10月: 技術補佐員(テクニカルスタッフ)となる。ワーキングプア状態。
2011年10月: 震災の影響で僅かながら給与カット。頑張れ日本と自分。
2012年04月: 大幅昇給したが、ややワーキングプアか。
依然として先の明るくない生活を満喫中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
先月、鳴門大橋に行った時の話なんですけどね。

鳴門大橋
見ての通り天気はどんよりで風が強い。何より12月だったもので死ぬほど寒い…。クリスマスにあまり人が行かないような所へ行こうと考えて来たんですけどね、非常に寒い。確かに人は少ないのでそういう意味では正解なのですが、寒い。

鳴門大橋
鳴門大橋の下は「渦の道」という渦潮観光の施設がある。そこの受付で聞いた話だと、この橋の下は鉄道を通せるような構造になっているらしい。そして、今はその計画その物がほぼ消えているのだとか。

鳴門大橋
渦の道の床の窓からは渦潮が見える…とまではいかないかもしれないけど、少なくとも速い潮の流れを観察することができる。

鳴門大橋
川かと思うほど流れは速いですが、渦潮はというと美しい渦を見つけるのは至難の技です。にも関わらず風を遮る物がないので、この季節の観光は困難を極めました。もう風が痛くて痛くてエスカヒル鳴門に行くのは断念することにしました。

前回の渦潮観光はこちらこちら
スポンサーサイト

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
明けましておめでとうございます。

年末に神戸花鳥園に行ってきました。手軽に非日常を味わえる空間として好きなのですが、出発前に調べていたら民事再生法を申請したんですね(詳しくはこちら)。営業は続けていましたが、水辺のゾーンが仕切られて通れない部分ができていました(一時的な措置であって欲しい)。それ以外はたぶん健在。

神戸花鳥園
この空間が凄く好きです。僕自信は花の名前とか特に詳しくはないのですが、これだけ沢山の花が綺麗に飾られているとさすがに迫力さえ感じます。でも席に座ったことはないのですけどね(笑)。

神戸花鳥園
クリスマスシーズンなのでポインセチアも飾られていました。これ全部2メートル以上、一番大きいのは3メートルに迫っていました。

神戸花鳥園
ミミズク。森の賢者の名に恥じない風格です。
フクロウとミミズクの違いって何でしょうね。羽角(耳)があるかないかなんて話もありますが、例外も沢山いて僕のような素人には難しいです。

神戸花鳥園
個人的に一番好きなサイチョウ。ツノサイチョウと呼ぶこともあるようですが、恐竜を思わせるような頭の角が良いんです。このサイチョウの尾羽、立派です。

神戸花鳥園
オオハシもクチバシが大きく迫力があり、それでいて大人しいので好きです。

神戸花鳥園
餌を買うとオオハシが手の上に乗ってくれます。
きっと子供にはたまらない光景でしょう♪ぁ、僕の子じゃないよ。

前回の神戸花鳥園の記事はこちら

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村

 | Copyright © アレアレ博士の日記 All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。