アレアレのグルメ日記

2009年06月: 大学院オーバードクター1年目。節約生活でも綴ってみようとブログを開始。
2010年09月: オーバードクター2年目。経済難により博士課程単位取得退学。
2010年10月: 技術補佐員(テクニカルスタッフ)となる。ワーキングプア状態。
2011年10月: 震災の影響で僅かながら給与カット。頑張れ日本と自分。
2012年04月: 大幅昇給したが、ややワーキングプアか。
依然として先の明るくない生活を満喫中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
手打ちうどん長谷川
ここらで評判のうどん屋さん。メニューは決して多くないけど、1つ1つが魅力的な感じです。ビール、日本酒、焼酎も置いてあって夜はちょっとした居酒屋なんだろうな。

手打ちうどん長谷川
糧うどん(780円)。糧と一緒に食べるうどん。糧はおかずのことらしい。昔は家の畑で採れた旬の野菜が添えられていたそうな。このお店では付け汁に豚肉、小松菜、生姜、葱に白ゴマが入っていた。関東風の付け汁は私にはまだ馴染まないものの良い出汁の旨味を感じた。

手打ちうどん長谷川
麺は太くてコシが強い。食べ応えのあまり一本ずつ食べたりもしたほど。とても好み。

手打ちうどん長谷川
焼き豚うどん。固いお揚げのでサクサク感がたまらない。作り方次第で揚げにも拘れるものなのかと尊敬してしまった。スープは醤油辛さが優勢。食べている途中でお酢を入れるとさっぱりして、味の変化を楽しめる。焼き豚は炙りの一手間で香ばしくなっており、スープと良く合う。

手打ちうどん長谷川
梅ネギ(温)830円。梅が斬新だと思い、不安と好奇心で注文してみた。梅は絶妙かもしれない。このスープだから合うのかも。家ではできない、そんな気がした。温かいスープで食べる太麺はコシが程良くなり、コシ好きな私でもこれはこれで旨いと思った。

手打ちうどん長谷川
梅ネギは動物性タンパク質がない。焼豚皿ハーフ(420円)を付けてみた。炙りの香ばしさは皿でも同じで、ごま油の香りと合わさって食欲を掻き立てる。お酒を注文した訳ではないけど、塩気がもう少しあっても良いかと思った。
スポンサーサイト

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
おもむろに置いてあるオカモチ。どこか懐かしい昭和のたたずまい。男というのは時々こういう店に1人で立ち寄りたくなる生き物である。アレアレさんはそう思うのですよ。いつかと同じ書き出しで申し訳ないです(詳しくはこちら)。

たつみ本店
四川ラーメンの半チャーハンセット。この炭水化物だらけの注文をするのは何年ぶりだろう。たまには羽目を外してみた、そんなところ。チャーハンは豚肉、かまぼこ、卵にグリーンピースとどこか懐かしい。これぞ大衆食堂的な男の店のチャーハン。でも味付けはちょっと塩気が強かったかな。おじちゃん次は手加減してね。

たつみ本店
四川ラーメンは見た目は醤油たんめん。醤油ラーメンに野菜と辛味を入れた感じなのかな。

たつみ本店
こちらは担々麺(700円)。これはもう辛い。具は恐らくもやしとそぼろだけ。スープのどろどろした感じは何なのか良く解らないけど、ごま風味でラー油の鋭い辛さで汗だらだらでした(但、アレアレさんは辛さに敏感)。

たつみ本店
天津丼。甘みが強めで酸味も少しある。卵の厚みも程良く御飯が進む。ただ個人的に求めている天津飯があって満足度は低い。鹿児島の王将で食べた天津飯。あそこだけは甘みより酸味が強い。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村
大泉学園駅にGrand Emioという商業施設ができまして、当然、レストランも入っているので巡りたいなと思っています。さっそく駅の改札に一番近い「ひいき屋」から行ってきました。

ひいき屋
てごねハンバーグ(980円)を注文。ビーフ100%なので崩れやすく食べにくいかも。崩さずに切って食べることができるようになれば存分に味わえるのかも。ソースがいくつか選べたけど、おすすめされたデミグラスソースは甘さ控えめでコクがある。個人的な好みを書くと、少しソースに甘みがあると満足感が得られたかも。

バゲットのバターは塩気が多くこってりし過ぎ。世の中バター不足だから影響が出ているのかも。おかわり無料らしいけど、これはいいや(汗)。ライスも選べます。

ひいき屋
小さいカップでコンソメスープが出てきます。日によって具の量が変わります。一瞬、コンソメスープじゃないかもと思ったのは白ゴマの風味が出ていたせいかも。

ひいき屋
再訪して食べた日替わりランチ(1080円)。オムライスにビーフシチューがかかっていて、サラダもワンプレートに収めたのは洗い物が少なくて良いアイデアですね。出てくるのも早くて驚きました。3分くらいで出てきたかも。いろいろ思うことはあるけど、急いでいるときは良いかもしれない。卵のとろとろ感は写真で伝わるかもしれない。好きです。牛肉のサイズも大き目で柔らかく好みでした。

ひいき屋
このお店はワインボトルが店頭店内に並べてあって、この誘惑が個人的になんとも避け難いのです。そしてついつい入店してグラスワインを頼んでしまい、予定していたランチの予算を越えてしまうわけです。2回とも赤にしました。比較的飲みやすいミディアムボディがグラスワインに選ばれているように思いました(1回目:チリのヴィニャ・アルバリ・テンプラニーリョ、2回目:イタリアのタクン・レセルヴァ・カベルネソーヴィニヨン)。

予算オーバーだからあまり行かないようにしよう(笑)。

投票はコチラ☆ >> にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ << にほんブログ村

 | Copyright © アレアレ博士の日記 All rights reserved. | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。